CANON MP610 プリンターを自分で分解・修理してみる【2019】

いろいろな理由で内部の点検や分解が必要になることがあります。

素人の分解ですが、意外と分解すれば自分で修理できる個所もあるので捨ててしまう前にチャレンジする価値はあると思います。
尚、分解後元に戻せなくなっても、自己責任でお願いします。
当の私も分解をしたために2台ほど壊してしまいました(涙)。

また、MP610を分解する際は、必ずコンセントを抜いた状態で作業してください

プリントヘッドのインク詰まり』の記事は別のページです。

参照記事:Canon MP610 プリントヘッドの洗浄(プリンターインク詰まり修理)

【買い忘れはございませんか?】


1.スキャナー台を持ち上げて本体左右前方にあるネジ2本はずす。

MP610 スキャナーカバー
左のネジはここです↓。
左のネジ MP610

 

右のネジはここ↓にあります。
右のネジ MP610

2.後ろのカバーの四隅にあるネジも同様にはずす。

背面のネジ MP610

3.左のカバーをはずす。

ややコツがいりますが、プリンターを縦に立たせて行うとやりやすいかもしれません。
左カバー MP610

 

左後ろ側にスキャナーユニットからのアースの配線がありますのでネジをはずしてください。
MP610 分解 アース

4.右のカバーも同様にはずしますがポイントを2点ほど

ポイント1 スキャナー台を持ち上げながらはずすこと

あげる前
IMG_0009.JPG

あげた後
IMG_0010.JPG

 

ポイント2スキャナーにつながる配線に注意すること。

特にフィルム配線部を無理すると基板側のストッパー部が簡単にかけてしまいます。
5本ほどケーブルをはずすとスキャナユニットが本体から分離できます。ケーブルの形状が違いますので元に戻す際に間違うことはあまりないと思いますが、フィルム状のケーブルの向きが間違いやすいので画像を見て裏表を確認してください。

IMG_0013.JPG
MP610 フィルム配線

 

5.さらに上のカバーをはずしていきます。4箇所ツメをはずす。

左前のツメ
左前 MP610分解
左側面のツメ
左側面のツメ MP610分解

 

右側面のツメ
右側面のツメ MP610分解

 

右前方は外からツメが確認できませんが画像の矢印の下にあるツメを左にずらすと外れるのですが、かなり強い力が必要です。マイナスドライバー等でツメをずらすのですが、最悪かけてしまっても問題なさそうです。
MP610 分解

 

上カバーがはずれた状態。すっきりしました。
MP610 分解

 

後は修理できる箇所がありましたら作業を行います。私の場合、右隅のパージユニットの外側に紙が詰まっていました。
MP610 分解

 

紙詰まりの状態。紙が詰まったときに無理に引きずり出すとこのようになることがあります。
MP610 紙詰まり

 

上の写真のあたり(パージユニット周辺)にトラブルが多い印象があります。再組み立ては、順番を逆に行っていけば良いのですが、スキャナユニットからのケーブルの基板への接続がやや難関でしょうか。外す前に何枚か写真を撮影しておくと良いかと思います。慣れれば5分ほどで分解可能かと思います。

結構インクで手が汚れるので、軍手をするなりしてインクで汚れないように気をつけてください。

さらに分解して本体底面のインク吸収体を交換することもできるようですが、そこにたどり着くまでがかなり複雑なので私は断念しました。また、インク吸収体も手に入れることが困難になってきています。MP600と同時期に発売されたプリント専用機のIP4300を分解されている方がおりますのでそちらのサイトをご紹介しておきます。MP610もほぼ同じ構造なので参考になります。

CANONプリンタ IP4300の廃インク吸収体の取り出し方 ←『パソコンやホームページに関するITの部屋』様

もし、修理できる個所が見つからなかったり、再度組み立てなおすことができなかった場合は悲しいですが、こちらの記事も参考にしてください。

参照記事:プリンターの廃棄方法いろいろ

また、スキャナーユニットの異常による『5010エラー』の場合のスキャナユニットの分解・交換修理は別の記事で紹介しています。ジャンクプリンターを入手して正常なスキャナユニットを移植する場合には役に立つ記事だと思います。

エラー5010 Canonプリンター

参照記事:『Canonプリンター MP610を自分で分解・修理 「スキャナユニット」

【買い忘れはございませんか?】


裏技&メンテナンス
mp610をフォローする
MP610が最高・最強だね!

コメント

  1. ヤマボウシ より:

    おせわになっています。この記事をテキストにして要らなくなったプリンターの分解を試みました。
    「5.さらに上のカバーをはずしていきます。4箇所ツメをはずす。」の右側面カバーの右前の爪がどこにあるのかわかりませんでした。写真がどこから撮影しているのかも分かりません。矢印も確認できずにここまででやめて再構築しました。
    一応組み立てたけれども不器用なので正常プリンターを再構築してコピーやスキャナーができるとはとても思えませんでした。
    自分には敷居が高すぎると思いました。

    • mp610 より:

      ヤマボウシさんこんにちは。

      右前方のツメははじめに外した4か所のネジの右前方のネジのそばにあります。分解する前でもスキャナのガラス盤を持ち上げると目視できると思います。
      ただ、かなりツメが固いので、壊れるんじゃないかというくらい無理しないとはずれないかもしれません。コツはあるのでしょうけど…。
      結構壊れませんよ。

      壊すつもりで練習してみてください(笑)。