Canonプリンター MP610を自分で分解・修理 「スキャナユニット」

スキャナユニット系の異常時に「エラー5010」が表示されることが多いようです。

エラー5010 Canonプリンター

ジャンクプリンターの多くがプリントヘッドの異常による故障が多いので、このエラーの場合はジャンクプリンターからスキャナーユニットを移植して修理できる場合もあります。素人分解ですが何かの時に役に立つかもしれませんので記録として記事にしてみました。今回はスキャナユニットがスキャンするときにスキャナから異常な動作音がするため分解してみました。

スキャナユニットを取り外すまでは以前の日記を参考にしてください。

参照記事:CANON MP610 プリンターを自分で分解・修理してみる

特に、フラットケーブルが断線しやすいようなので、注意してください。場合により、このケーブルを付けなおすだけで修理完了となる可能性もあります。

まずは裏面からネジの確認です。計4箇所はずします。
スキャナユニット MP610

サイドと後ろ側にツメがあるので、マイナスドライバーで押し込んで隙間を空けていきます。隙間が閉じないようにマイナスドライバーが2本必要です。
正面側は外側からツメが確認できませんので、サイドと後ろのツメをすべてはずした跡に気をつけて後方にスライドさせるとはずすことができます。
MP610 スキャナユニット分解

ツメのはずし方

爪の部分にマイナスドライバーを挿入して外していきます。
ツメのはずし方 MP610

ガラスカバーをはずすとき白い部品が外れることがありますが、スキャナの読取装置(読み取りセンサーの長いバー)のサイドにある部品なので、あわてなくても元に戻せます(また簡単に取れてしまいます。)

さらに、読取装置をはずしたときに手前側からスプリングが飛び出しますが、特に固定していないようなので、元にあったであろう場所に設置して読取装置をかぶせると戻せます。
最初は焦りました(汗)
MP610 スキャナユニット分解

あとは、断線しないようにフラットケーブルをはずしていきます。何箇所かテープで止めてありますので、無理に引っ張らないようにはずしてください。
MP610 スキャナユニット分解

MP610 スキャナユニット分解

結局分解してみましたが、スキャナユニットからスキャン時に発生する異音は原因がわかりませんでした。
情報ありましたら教えてください。

【買い忘れはございませんか?】


裏技&メンテナンス
mp610をフォローする
MP610が最高・最強だね!

コメント