G7030 ギガタンクは1年半でここまで進化した。G3310と比較検証

G7030 ギガタンク 

2018年2月22日。満を持してCANONのエコタンク搭載プリンターGシリーズが登場しました。           参照記事:G3310 キヤノンのエコタンクプリンター遂に発売
海外ですでに発売されていたメガタンク搭載のCanon PIXMA Gシリーズをそのまま日本で販売した製品だったため、日本の家庭ニーズに合わないイマイチ購買意欲のわかない製品でした。

それから1年半の歳月が過ぎ、どれだけ進化したかあまり期待せずに調べてみましたがさすがはCANONさん。しっかりと日本向けに進化していました。

【買い忘れはございませんか?】


G7030(2019年秋モデル)とG3310(2018年春モデル)の違い

給紙方式が2方式になった

まず、最大の違いは給紙方式が背面だけでなく、前面カセットも採用されたことです。近年の家庭用プリンターでは当たり前の機能ですが、G3310は海外モデルからそのままの設計で販売されたため、まだ背面給紙しかできませんでした。これはA4やB5など用紙を頻繁に使い分けたい場合などビジネスユースでは致命的かと思いました。2019年春モデルのG6030から採用されています。

印刷スピードの大幅向上

そして、印刷スピードも向上しています。G3310が8.8ipm(モノクロA4 8.8枚/分)の印刷スピードに対してG7030は13ipm(モノクロA4 13枚/分)とかなり速くなっています。6色独立インクタンクの2019年秋モデルのTS8330が15ipmですのでそれほどストレスは感じないのではないでしょうか。

FAX機能がついに搭載

2019年春モデルまでは家庭向けプリンターのコンセプトだったのかFAXは搭載されていませんでしたが、G7030からはFAXが標準装備となりました。私の場合は職場のスペースが狭いため、プリンターとFAXをそれぞれ設置するスペースがありません。これでやっと購入に気持ちが動きそうです。

印刷コストアップ?

仕様表によるとG3310がA4モノクロ1枚 0.3円に対してG7030は0.4円、カラーではそれぞれ0.8円から0.9円に印刷コストが上がっています。ちなみに、インクボトルの種類も変わりましたので注意してください。G7030はGI-30のインクです(G3310はGI-390)。

まぁ、互換インクを使えばいくらでもコストダウンができるとは思うのですがその場合は、恐らく修理保証の対象外になるのでしょうね。。

プリントヘッドの交換ができる

インクジェット式の非常に多い故障原因の一つに、プリントヘッドのインク詰まりがあります。今まで散々プリントヘッドの不具合を経験してきました。G7030の非常にありがたいところはこのプリントヘッドが安価に交換できるところです。G7030は2種類のプリントヘッドを使用しています。

BH-30(ブラック用)とCH-30(カラー用)がキャノンのオンラインショップからそれぞれ2,000円弱で購入可能です。

神プリンターMP610では早々に純正プリントヘッドの販売が終了してしまいましたが、これで長くG7030を使い続けることができそうです。

G7030とG3310の違いをまとめてみました

型番G3310G7030
外観G3310 発売G7030 ギガタンク違い
発売年月日2018年2月22日2019年11月8日
価格(2019年11月6日現在)24,760円~44,530円~
印刷コスト(A41枚)モノクロ 0.3円

カラー  0.8円

モノクロ 0.4円

カラー  0.9円

給紙方式背面100枚のみ2WAY(背面100、前面カセット250枚)
液晶表示1.2型モノクロ2行モノクロ
DVD/CDレーベルプリント非対応非対応
インク色数4色4色
自動両面プリント非対応対応
使用可能用紙サイズA4、A5、B5、レター、リーガル、洋形封筒4号/6号、
長形封筒3号/4号、はがき、郵便往復はがき、名刺、スクエア(127mm×127mm)、六切、2L判、L判、KG
A4、A5、B5、レター、L判、2L判、KGサイズ、はがき、名刺
印刷スピード

(カラー)

5枚/分6.8枚/分
印刷スピード

(モノクロ)

8.8枚/分13枚/分
スキャナー解像度(dpi)600×12001200×2400
ADF(自動原稿送り装置)機能の有無なしあり
外形寸法
(横幅×奥行×高さ)
約445×330×163mm403×369×234mm

幅約40㎜ダウン

重量6.3㎏9.6㎏。

FAX機能がいらないという方には

2019年6月6日に発売されているG6030はFAX機能がいらないという方にはおすすめです。FAXをすでに持っていたり、自宅でFAXは不要という方には現在キャッシュバックキャンペーン中で非常にお得です。1月31日まではG6030が8000円のキャッシュバックを行っています。FAX不要という方には今が買いではないでしょうか。
G7030とG6030の違いはこちらのリンクからご覧になってください。
G7030 キャッシュバック

おまけ G7030のインクの型番は?

 

CANON純正の補充インクはGI-30の後にPGBK(顔料BK)、C(染料シアン)、M(染料マゼンタ)、Y(染料イエロー)です。G6030と同じインクの型番ですが、旧モデルのG3310ではGI-390ですのでお間違え無いように。

互換インクも魅力的ですが、本体価格が高価なG7030ですので、しばらくはメーカー修理対応を考え純正インクで運用しようと思います。

【買い忘れはございませんか?】


魅力あるプリンターたち
mp610をフォローする
MP610が最高・最強だね!

コメント

  1. 司法書士渡邉昌則 より:

    先生、久しぶりの新ネタ読ませていただきました。ヘビーユーザーにはマッチした機種のようですね。渡邉は最近印刷する絶対量が仕事と共にちょっと減っておりますので、現有ストックで十分対応ができているのですが・・・確かにCシアンのバーが弱いのか、前回一時的に復活をお伝えした常用機、濃淡2色になってついに落ち着いてしまいました。(泣)
    まぁ私の仕事はPGBKさえしっかりと出れば問題の無い仕事なので、色付き印刷は入れ替えをせずに、今のところ「きれい印刷」でしのいでおります。
    それから「院長のきまぐれコラム」も拝見いたしました。情報提供ありがとうございました。
    どうも最近お楽しみの6A00エラー機が出ませんね。正常機は結構高値で取引されていますし・・・立て続けの昇天、リユースヘッドの失敗談、身につまされます。
    年末書きました通り、1台あれこれしたら復活した機がいわば余分にストックされて事務所に積み上がっています。もしご入り用でしたら、先生なら実費でお譲りできますからどうぞ。

    • mp610 より:

      司法書士渡邉昌則さま

      いつもブログの購読ありがとうございます。

      なぜかシアンの薄いプリントヘッドばかり3つもあります。あとは、本体ごと未使用でストックしてある新古品があります。

      いろいろ思考錯誤して、プリンターの設定でシアンを濃い目に印刷することでなんとか使えそうです。それにしてもなぜシアンだけ?
      思い切って純正品のシアンインクを購入してテストしてみましたが格安互換インクが悪いわけではなかったのが残念です。

  2. 司法書士渡邉昌則 より:

    返信ありがとうございます。(いつもの通り一応、お声掛けだけさせていただきます。)
    ヤフオク「Canon MP 610 ジャンク品」 開始日時:2019.09.23(月)17:03~
    終了日時:2019.09.27(金)21:03」 1円スタートで今強者が1入札中。送料無料
    ですし、パターン画像からマイキー先生なら、ある程度判断がつく個体かと存じます。
    ・・・さて、今回はどこまで入札されますやら・・・(本体もインクもストックがある
    ので、渡邉最近眺めてばかりです。)
    なんかページを繰っておりましたらもう一つ、日曜日までのもありますね。現在2入札、
    4600円・・・(先生の予算は5~7まででしたよね?)これはちょっと難しいか?
    6A00がちょくちょく出品された去年の相場感覚を覚えているので、最近はケタ違い
    ビックリ価格がホント多いです。