MP610が最高・最強だね!

Canonの名機「PIXUS MP610」。プリントヘッドの洗浄や本体の分解、詰め替えインクのコストなどを勝手に解説。

ジャンクプリンター修理再び(6A00 エラー) その4

更新日:

ネタ詰まりを起こしていて、ブログとは思えない更新頻度ですが久しぶりにヤフーオークションでジャンクプリンターをゲットしましたので、ご報告したいと思います。はたして、素人のかんたん修理で直すことができるのでしょうか。
今回のジャンクさんは、こんなプロフィールです。

MP610 ジャンク修理 6A00 ジャンクプリンター MP610

出品期間が約5日ほどで開始時の価格1,000円で落札出来ました。送料は1,793円でしたので、送料の方が高かったですね(笑)。評価件数が16943件の出品者なので、リサイクル業者さんの出品のようです。

私の大好きなエラー「6A00」でした。


最近のヤフオクでのMP610 の出品状況【2019年】

もう明らかにタマ数が少なくなりましたね。プリントヘッドに関してはすべてリユース品になっているようです。恐らく数年前に新品と謳っていたものもすべてリユース品だったのではないかと推測しますが。リユースなのに8,000円台とかなり強気です。

本体は38台が出品されていました。その内訳は

・恐らく正常・・・8台(うち返品保障のショップが5件:ノズル状態不明)

・ノズルチェックパターン不良・・・9台

・ヘッド認識せず・・・3台

・ヘッド無し・・・2台

電源入らず・・・16台

恐らく正常と思われるものも12,000円以上ですので、なかなか手が出しずらいですね。それにしても、電源入らないジャンクの割合がかなり増えました・・・。

なんで6A00エラーが大好物なの?

MP610の「6A00」エラーについては以下の記事をご覧ください。

   参照記事:【Canon MP610】ジャンクプリンター修理(6A00 エラー)

同じジャンクでも「U052」エラーだったり、電源が入らないものはどんなに安くても正常なプリントヘッドを回収するのは難しいですが、6A00のエラーであれば、紙詰まりなどの物理的な異常であることが多いため、うまくいけばちょっとした清掃で直ってしまうことが多いです(なぜか直らなかったこともあります)。もし、本体がダメでも、正常なプリントヘッドが格安で手に入る場合があるので、2度おいしいジャンクだと思っています。

ちなみに、最近はリユース品で出回っているのでプリントヘッドが手に入りやすいのですが、代わりに正常な本体がかなり希少になってきました。

今回のジャンク(6A00エラー)はどうだったか

さて、早速電源を入れてみます。以前、6A00 ジャンクとして購入したものが届いてみたら全く問題がなかったケースもありました。

電源を入れると、当たり前ですが画像の6A00エラーが表示されて、全面の緑色とオレンジのランプが交互に点滅します。

6A00エラー MP610 修理

スキャナユニットを持ち上げて、プリントヘッドと内部を覗いてみました。すぐに紙が詰まっているのが目視で確認できました。今回は分解しなくても良さそうです。

紙詰まり MP610 ジャンク MP610 ジャンクプリンター

詰まった紙を引きずり出すと、クシャクシャになったB5用紙が1枚出てきました。

次のステップに進みます

紙を取り出すと、無事に6A00 エラーは解決したようです。次にプリントヘッドの状態をチェックするためにノズルチェックパターンを印刷してみます。落札したMP610はインクが1つもセットされていない商品でしたのでインク詰まりは心配でした。

新品のインクをセットして初めてテストプリントしたものがこちらです(笑)。

MP610 ジャンク修理 エラー

何度か強力クリーニングを行いましたが、どうしても染料のBK(ブラック)だけはインクが出てくれません。最終的になんとか上の方の一部が出てきました。

ジャンクプリンター修理

本体の基板の問題か、プリントヘッドの問題か振り分けるために、正常動作の別のMP610からプリントヘッドを持ってきました。正常にノズルチェックパターンが印刷されました。どうやらプリントヘッドに異常があるようです。プリントヘッドの物理的なインクつまりなのか、プリントヘッドの基板か。症状からはいまいちわかりませんでした。

これ以上クリーニングを行ってもインクの無駄なので、プリントヘッドの徹底洗浄を行いました。方法は過去の記事をご覧ください。

参照記事:Canon MP610 プリントヘッドの洗浄(プリンターインク詰まり修理)

結局どうなったの?

洗浄後のプリントヘッドをセットして、ノズルチェックパターンを印刷します。緊張の瞬間です。結果は、、、、

MP610 ノズルチェックパターン

BK出た~!!!!!

実は、完全ではないんですね。拡大するとわかるのですが、ところどころカスレています。これは恐らくプリントヘッドの基板がおかしいときに出るパターンです。まぁ、普通に印刷する分にはわからないんですけどね。

MP610 CANON プリントヘッド

サービスモードでチェックしてみました

使用具合の確認にいつものサービスモードで使用状況のチェックを行ってみました。ちなみに、サービスモードについては過去の記事で詳しく解説しています。

参照記事:MP600/610のサービスモード(メンテナンスモード)の使い方

サービスモード MP610

LPT(ラストプリント)が2012年2月26日となっていますから、約7年ぶりの復活です。復活してくれてありがとう!大事に使います。

廃インクタンクの使用率も9.8%、なにより総印刷数が182枚とかなり使用が少ない当たりの個体でした。

プリントヘッドのクリーニングに手間がかかりましたが、やはり6A00 はジャンクの中では当たりを引く確率が高いという結果でした。送料込み2,790円。動作品のプリンターをゲットできたことと、有意義な時間を過ごせたことに感謝。

-ジャンクプリンタ

Copyright© MP610が最高・最強だね! , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.