MP620やMP630じゃダメなの?MP610の人気の秘密。

2008年10月、名機といわれたCanon PIXUS MP610の発売から一年後にMP620MP630が発売されました。MP620の最大の売りはMP610には搭載されていなかった無線LAN(Wi-Fi)に対応したことです。有線LANにも対応しました。

mp610とmp620の違い

私もMP610をWi-Fi仕様にするため、Canon純正のプリントサーバーを購入したことがあります。

参照記事: wifi機能での印刷(CANONのプリントサーバー) ワイヤレス印刷

確かに、今では当たり前になっていますが、ワイヤレス印刷は非常にありがたい機能です。私の家では未だにUSBケーブルを抜き差ししてパソコンから印刷しています(笑)。

本体のサイズも3センチくらい小型化し、重量も10㎏→8.8㎏と軽量化に成功しました。

【買い忘れはございませんか?】


後継機MP620が名機になれなかった理由

良い事づくめのこのMP620ですが、実はMP610が名機(神機)と呼ばれるようになる大きな改悪も含んでいました。プリントヘッドとインクカートリッジの変更です。また、CD/DVDレーベル印刷や自動両面印刷の機能もコストダウンのためか外されてしまいました(MP630は機能あり)。

MP610のインクカートリッジはBCI-7e+9なのですが、こちらがBCI-321+320というインクカートリッジのシリーズに変更になりました。

ここで大きな問題が発生しました。

BCI-7e+9とBCI-321+320の違い

当時のインクカートリッジの価格は若干BCI-7e+9の方が安いくらいで新型インクカートリッジが特別高かったというわけではなかったのですが、大きな違いがありました。

インクカートリッジ内のインク容量です。カートリッジがコンパクトになったので見た目でもわかりますが、旧カートリッジのブラックが20ml入っていたのに対して16mlと20%減量しています。カラーインクも同様に10mlから7~8mlのインク量になってしまいました。

当然、インクカートリッジの価格が同じようでも、印刷コストがアップしたことは間違いありません。

ただでさえ高価な純正インクカートリッジですが、このころからインクジェットプリンターメーカーとユーザーの間に不信感が生まれました。

以降も、インクカートリッジが変更されていき、数年前からXLが末尾につく大容量をうたったインクカートリッジも発売されましたが、価格が上がっているのにもかかわらず、BCI-7e+9シリーズのカートリッジと同等かそれより少ないという悲しい結果になっています。

セットで全色購入すると5000円以上になってしまうので、インクを買い替えるより本体を購入して使い捨てた方が安く済むという非常にエコじゃないプリンターも人気が出ました。

参照記事:使い捨てプリンター? iP2700のコストパフォーマンスがすごい。

互換インクや詰め替えインクとのイタチごっこ

純正インクが高くなっていったからか、詰め替えインクが市場に広がっていったからかいつしかプリンターメーカーの販売はインク商法と呼ばれるようになってしまいました。

現在、BCI-7eの純正インクがまだCanonから販売されていることはすごいことですが、価格.comで990円でした。互換インクは80円を切っています。

純正のインクの方が高品質なのはわかるのですが、ユーザーとしてはもう少し価格がリーズナブルになってほしいと思います。その延長線がエコインクタンクなのであれば早く国内でも発売されてほしいと思います。

参照記事:日本だけは販売していないエコタンク(メガタンク)プリンター CANON PIXMA G3200

【買い忘れはございませんか?】


MP610の魅力
mp610をフォローする
MP610が最高・最強だね!

コメント

  1. mmh より:

    はじめまして、ネット見ていて流れ着きました!
    私もMP610を使い続けていますが、
    こんな魅力的な機種だったんですね。知らなかった・・・
    ウチのは何のトラブルもなく、元気に動いています。
    たぶん、これまでにA4で5000枚以上とハガキ1000枚以上は
    印刷してると思います!
    両面印刷できて、スキャナーもソコソコだし
    カラー4色はお手軽だし、確かにイイカンジですね。

    • mp610 より:

      mmh様
      コメントありがとうございます。
      お返事が大変遅くなり、申し訳ありません。

      もうかなり旧式のプリンターになるのでしょうけど、まだまだ現役でがんばるMP610が本当にすごいと思います。
      CANONがこのような名機をリバイバル発売してくれるとかないのでしょうかね。
      メーカーには全くメリットがないでしょうが。
      CANONにとっては新型を買ってくれない嫌な客ということになりますね。

  2. QY6-0075 より:

    先生、皆様、はじめまして。
    先生この超コアなページ最高です!!
    私も、もう10年もMP610に取りつかれています(笑)、日々プリント印刷等フル稼働していたのですが、ついに先日2個目のプリンタヘッドが焼き切れてしまいました。。 プリンターヘッドも数年前より市場在庫が内容で入手困難、、新製品を購入するかプリンタヘッドを発注するか。。<今ここ
    それもこれも、MP610を超える名機が見えないからなのですが、もしもこれを超えるものが出てきたときは是非とも拝見したいです。

    取り回しの良さ、前後給紙、自動両面、お手軽スキャナー、大容量黒インク、独立低コストインク、コンパクト機能設計。PIXUS TS5130/ TS6130を見てみても超えているようには思えなく。もっと高価な機種とか湯水のようにインク買えばよいのでしょうが… 経済バランス納得お得感は重要ですね。

    • mp610 より:

      QY6-0075様
      こんばんは。ハンドルネームはプリントヘッドの型番ですね。
      大概壊れるのはプリントヘッドが中心になっているようなので、プリントヘッドが市場から消えてしまえは終了してしまうプリンターですが、なんとか消えてしまわないように情報発信していきたいと思います。
      コメントありがとうございました。